NOTE



 5.1
小学生最後の1年。
息子の野球は春の公式戦が終わりました。
2番キャッチャーで先発。
久々の捕手は大丈夫なんだろうか…という心配をよそに
「1回の表、声出していくぞ!」
ホームベース上で声を張り上げる息子の姿が。
何だか胸が熱くなる。

所属するチームは所謂「スポ少」と言われる団体です。
親も子も。入ったその日からチームの運営者として働かなければなりません。
苦労が無いと言えば嘘になる。

学校から帰った息子が「グランドに行ってくる」
とグローブ、バットを片手に慌ただしく家を飛び出していきました。
奥手な息子が、野球を介するとこんなにも大きな一歩を踏み出せる。
その姿が全ての答えなのだろうと思う。
とうとう最後の1年か。
悔いなく全うできますように。









 3.13
takaseさんでの在廊日。
2冊のアートブックを持ち帰りました。

「A PARALLEL WORLD」
身近な場所から切り取る光の風景。
例えば圧倒的な自然の中に身を置かなくとも、
ハッとする瞬間は目の前にあるのだという事。

「The Walls of Suzhou Gardens」
ただただ壁の経年変化。
私はこれを見て自分を振り返ろうと思いました。
脱線するなよと。

たとえ少ないワードでも、ピンとくる一冊を見つける事を手伝ってくれます。
それは高瀬さんや本を通して、自分はこんな人間だと気づく作業でもある。
高瀬さん自身も普段穏やかな本を選ぶ方が突然ダークな本を選ぶ。
そんな場面に驚くこともあるそうです。

同じ壁の写真集を購入したスタッフのみほさんは
「ゾクゾクした」と話されていた。
素敵な選ばれ方だと感じました。
次回は自分をもっと開放して選んでみたいな。
自分はこういう物に惹かれるのかと。
そんな体験になると思います。









 2.2

「余白」終了致しました。
難しい状況の中で足を運んでいただいた皆様。
ご購入いただいた皆様。
そしてtakaseの皆さん。
感謝致します。ありがとうございました。

自分にとって展示会とは一瞬の花火みたいなもの。
一人織る時間の方が圧倒的に長いので、
途中自分がどこに向かっているのか、
何のために織っているのか、分からなくなる時がある。
在廊してお客様と対するのは約1年ぶりでした。

当日の展示風景は素晴らしく、
「一つ一つに向き合ってほしかった」と高瀬さんは話されました。
制作には時間がかかること、なぜこの肌触りかということも繰り返し訴えてくれる。
「感動しました」お客様からは嬉しい言葉をいただきました。
自分が淡々と取り組む事柄を、外からはこう見えますよと教えてくれる。
ブレない姿勢。とは自分の事なのかもしれないけれど、
そうありたい。ありつづけたいなと強く感じる展示会でした。

選ばれた布は使い手の元へと旅立ちました。
おそらく一番長く時を過ごすのが使い手の元。
手を動かし、華やかな展示会を経て、その先にある布にもより目を向けなければ。
そんな事も感じています。

また淡々とした日々が始まります。
心に残る時間をありがとうございました。
皆様の元で布がお役に立つ事、願っております。









 1.13
takaseにて展示会をさせていただきます。
店主高瀬さんとは歳も同じ位で、ご近所の出身。
同じ時代、同じ土地で何を思い過ごされていたのだろう。
一周回って今、この様な繋がりを持てる。
有り難くて、嬉しい。

ご一緒するお店の方は皆さん作品や作家をリスペクトされ、
紹介する事にものすごく献身的です。
高瀬さんもそう。
恐縮するばかりでなく、私も応えなければ。
今回新しい物を作ってみようと色々考えてみました。
出来上がったのはただの「大きな布」。
あんなに考えたのに、とても普通。
でも、自分の正直な気持ちが形になったと感じています。

takaseの空間も体験していただきたい。
皆様のお越しをお待ちしております。



山口ミスズ 「余白」

takase
埼玉県さいたま市緑区宮本2-19-14
1.22(土)ー 2.1(火)
土日 11:00-18:00
平日 13:00ー17:00
休業日  27(木)
作家在廊 22(土)













21.1-12